【動画】「おくのほそ道より”平泉”」松尾芭蕉

2015.05.16
  • 琵琶ギターで伴奏をつけアレンジした詩吟のライブ演奏です。

「おくのほそ道より”平泉”」松尾芭蕉

三代の栄耀一睡の中にして、
大門の跡は一里こなたにあり。
秀衡(ひでひら)が跡は田野になりて、
金鶏山(きんけいざん)のみ形を残す。

まづ高館(たかだち)に登れば、北上川
南部より流るる大河なり。
衣川は和泉が城を巡りて、
高館の下にて大河に落ち入る。

泰衡(やすひら)らが旧跡は、衣が関を隔てて
南部口をさし固め、夷(えぞ)を防ぐと見えたり。
さても義臣(ぎしん)すぐつてこの城にこもり、
功名一時の叢(くさむら)となる。

国破れて山河あり、
城春にして草青みたり。
笠うち敷きて時の移るまで
涙を落とし侍りぬ。

夏草や兵どもが夢の跡

通釈

「藤原三代の栄華も一睡のうちの夢であり、平泉館の南大門の跡は一里も彼方にあって、その建物の大きさがしのばれる。秀衡の館の跡は田野になり、金鶏山だけが形を残している。まず義経の住んでいた高館にのぼれば、南部領から流れてくる大河の北上川が望まれる。衣川は忠衡の館の和泉が城をめぐって、高館の下で大河に落ち入る。泰衡の旧跡は、衣が関を隔てた遠くにあって北の関門である南部口をしっかりと固め、蝦夷の襲撃を防いだ、と見える。さても義経は忠義の家臣を選りすぐってこの城にこもり、たくさんの功名もはかなく消えて、今は茫漠としたくさむらになっている。「国破れて山河あり、城春にして草青みたり」と杜甫の詩を思い、笠を敷いて腰をおろし、時の過ぎゆくままに泪を流したことであった。

義経や弁慶や多くの英雄がこの高館にこもって戦い、功名をたてようとしたことも夢となってしまった。今は夏草が茫々と生い繁っているばかりである。栄枯盛衰は一瞬の夢である。」

  • 参考文献:『すらすら読める奥の細道』立松和平(講談社)

***

最も有名な俳句一つである「夏草や兵どもが夢の跡」は、松尾芭蕉が『おくのほそ道』の旅中、平泉を訪れた際に詠まれた句です。

私はこの句が大好きで、実際に岩手県平泉にも行きました。真夏の暑い日で、本当に平泉には何もなくて、草がぼーぼーに生い茂っていました。

私は「こういうことか……!」と妙にわかったような気がしました。

平泉に行ったらぜひこれを吟じたい!と思っていたのですが、呆然として吟じるのを忘れてしまいました。

数年前、体験教室に来てくれた友人のS君とこの「夏草や」を吟じました。彼は山登りや釣りなどのアウトドアと南半球の音楽を愛しており、まだまだ若いS君(当時30代)が発する大きな声からは、かつて先人が山や野原で叫び合われたような歌の原点を見たようでした。

体験教室の最後にはしっかりとこの吟が吟じれるようになったS君は「人生変わりそう!」などと大げさなこと言ったのち(もちろんとっても嬉しい感想!)、「あ〜」と何か納得したような深いため息を打ちました。そしてメキシコ旅行中に見たピラミッドの話しをしてくれました。

ピラミッドのある場所では、かつて権力をふるっていた者が奇妙な草花な集め、狂乱の宴を催し、とんでもない建物を造りとにかくやりたい放題やりきった。そして今となって彼が見たものはその残骸であるピラミッドと何ごともなかったようににょきにょき生い茂る草と飛び交う虫であったと言う。胸いっぱいになったと言う。

私はこの俳句に至る、”平泉”の一節を思い出しました。

國破れて山河あり 城春にして 草青みたり と
笠うちしきて 時の移るまで 涙を落しはべりぬ

芭蕉もS君のように先人に思いを馳せ、落涙した。メキシコにも行ってみたい。世界のあらゆる跡地を訪ねてみたい。そしてそこで吟じてみたい…。

歌は本来、言語がさだまっていない頃から、愛しい人への思いや神に救いを求めるとき、自らを律するために詠われてきました。まだ国の隔たりもはっきりしておらず、その頃のメロディーや発声方法は世界中で似たり寄ったりです。古典である詩吟が日本人のDNAに通じながらも人類のDNAに通じるのではないかというのは私の持論です。旅好きな人にはぜひ旅先で吟じていただけたらと思います。

S君が最後にのこした「掃き溜めに鶴だね」という言葉には、つまらない所に、そこに似合わぬすぐれたものや美しいものがある、という意味があります。当時、渋谷の雑踏のど真ん中のカラオケ店で開催していた詩吟教室にはそんなイメージがあるかも知れません。渋谷が悪いというわけではないし渋谷が好きですが、場所が物語る何かに思いを馳せざるを得ません。