詩吟がうまくなるには〜大声のすすめ編

2021.04.13

詩吟がうまくなりたい!と頑張っている方の中には、「なかなか思うように声が出ない」と発声方法に悩まれている方も多いと思います。では、どうやったら気持ち良く大きな声が出るようになるでしょうか? 

発声のコツは「ちくわ」と「おーーーい」

大きな声を出す発声のコツは、二つあります。

①「ちくわ」になること(ちくわのようにやわらかく全身の力を抜き、かつ体を真っ直ぐにする)

※1:両肩を耳に近づけて、グーーッと力を入れる⇒息を吐きながら「ハーーッ」と両肩を落として力を抜く。

※2:顔を天井に向けて、口を大きく開き、喉を開く。体の中にちくわのような空洞をイメージし、気道を確保する。

②遠くの人を呼び止めるつもりで、想像上の相手に手を振り向けながら、「おーーーい」と叫ぶ

大声が出ると元気になる!

上記の体&声慣らしを準備段階で行います。すると、驚くほど簡単に、多くの方が大きな声が出るようになりました。

そして、わかったことが三つあります。

大声が出ると元気になる!
詩吟も上手くなる!
声が人に届くようになり、人生がイキイキする!

ということです。

声を出すことの難しさ

「詩吟の楽しさを多くの人に伝えたい」という思いで、初心者向けの詩吟教室を始め、これまで100名以上の詩吟未経験の方にマンツーマンで指導させていただきました。そこで感じたのは、詩吟以前に、まず声を出すことの難しさでした。

慣れてくれば、声を出しやすくするための体操も呼吸法も発声法もなくても、詩吟をやっているだけで、どんどん声は出るようになっていきます。しかしそこまでが大変です。

普通の人は、普段から人前で歌ったり、大きな声を出す機会は滅多にありません。そういう人がいきなり、大きな声で普段使わない言葉やメロディのものを声に出すのは難しくて当然です。

そこで、「どうやったら詩吟で使える地声(=きちんと相手に届く声)が、簡単に、自然に、気持ち良く出せるか」をレッスンを通して、研究&実践してきました。

そして、「この経験で得た方法を多くの人に伝えたい!」という思いで、『大声のすすめ。』という本を書きました。

詩吟上達にもつながる「イラスト付き実践本」

詩吟に限らず、多くの方が発声にまつわる悩みを抱えています。そうした悩みに応えるため、「誰でも簡単に大きな声(=きちんと相手に届く声)が出せるようになる方法」について記したのが本書です。

声を出しやすくなるコツをイラスト付きで多数紹介しています。

・声を出しやすくする「体操」
・歌にかかせない「腹式呼吸法」
・言葉を伝えやすくする「姿勢」「目線」「言葉の使い方」
・母音の発声法
・口の形
・言葉の言い方&母音の伸ばし方
などなど・・・

詩吟がもっと上手になりたい!」「全くの初心者に詩吟を教えたい」という方にもオススメです。

大声のすすめ。〜和の発声法で伝わる話し方

著者:乙津理風
出版社:晶文社
価格:1,650円(税込)

これを読んだ方が、気持ち良く声が出せるようになったり、初めての人に詩吟を教えるきっかけのお役に立てれば嬉しいです。

関連記事

詩吟が上手くなる練習方法〜耳コピ編
詩吟がうまくなるには〜音程編
詩吟がうまくなるには〜発声編
詩吟を歌うコツとは?

関連リンク

『大声のすすめ。〜和の発声法で伝わる話し方』(amazon)
【テレビ】NHK「ひるまえほっと」で『大声のすすめ』が紹介されました