詩吟がうまくなるには〜大声のすすめ編

2021.04.13

大きな声を出すには?

詩吟を習っている方もそうでない方も、「なかなか思うように声が出ない」と発声方法に悩まれている方は多いと思います。

では、どうやったら気持ち良く、大きな声が出せるようになるでしょうか? 

声を出すことの難しさ

私はこれまで、多くの詩吟未経験の方に指導させていただきました。そこで感じたのは、まず声を出すことの難しさでした。

慣れてくれば、詩吟をやっているだけで、どんどん声は出るようになっていきます。しかし、ほとんどの方が、日常生活で大声を出すことがありません。

そこで、「どうやったら詩吟で使える地声(=きちんと相手に届く声)が、簡単に、自然に、気持ち良く出せるか」を研究&実践してきました。

大声を出しやすくするコツ

大きな声を出す発声のコツは、二つあります。【1】からだをリラックスさせ「ちくわ」になり、【2】「おーーーい」と遠くの人に呼びかけることです。

「ちくわ」になる方法

①ちくわのようにやわらかく全身の力を抜き、かつ体を真っ直ぐにする。

②両肩を耳に近づけて、グーーッと力を入れる⇒息を吐きながら「ハーーッ」と両肩を落として力を抜く。

③顔を天井に向けて、口を大きく開き、喉を開く。体の中にちくわのような空洞をイメージし、気道を確保する。

「おーーーい」のやり方

①遠くの人を呼び止めるつもりで、想像上の相手に手を振り向けながら、「おーーーい」と叫ぶ。

この方法で、ほとんどの方が簡単に大きな声が出せるようになります。

大声のすすめ。和の発声法と伝わる話し方

上記の「大声を出しやすくするコツ」を詳しく掲載しているのが、拙著『大声のすすめ。』です。他にも、

声を出しやすくする「体操」
お腹から声が出る「腹式呼吸法」
言葉を伝えやすくする「姿勢」「目線」「言葉の使い方」

などなど・・・声を出しやすくするコツをイラスト付きで多数紹介しています。

「詩吟がもっと上手になりたい!」「全くの初心者に詩吟を教えたい」という方にもオススメです。

関連記事

詩吟が上手くなる練習方法〜耳コピ編
詩吟がうまくなるには〜音程編
詩吟がうまくなるには〜発声編
詩吟を歌うコツとは?
【テレビ】NHK「ひるまえほっと」で『大声のすすめ』が紹介されました

関連リンク

・『詩吟女子~センター街の真ん中で名詩を吟じる(20曲収録CD付き!)
・『大声のすすめ。~和の発声法で伝わる話し方