【動画】令和に吟じたい詩吟「万葉集・梅花の歌序文」

2020.12.02

新元号「令和」の由来となった、万葉集より「梅花の歌三十二首 序文」をご紹介します。

「万葉集・梅花の歌序文」

初春の令月(れいげつ)にして
気 淑(よ)く風 和らぎ
梅は鏡前(きょうぜん)の
粉(こ)を披(ひら)き
蘭は珮後(はいご)の
香(こう)を薫(くん)ず

意味

初春の佳き月で、空気は清く澄みわたり、風はやわらかくそよいでいる。梅は佳人の鏡前の白粉のように咲いているし、蘭は貴人の飾り袋の香にように匂っている。

「万葉集・梅花の歌序文」について

「万葉集」に掲載されている「梅花の歌三十二首」の序文の一部です。

新元号が「令和」に決まって、その由来が「万葉集である」と報じられました。

「もしかして、これは詩吟として吟じられるのではないかしら!?」と思い、早速、節をつけて吟じてみました。するとどうでしょう。なんとまあ、晴れやかな気持ちになること!

ぜひ、声に出して吟じてみてください。

注釈

  • 解説本によって「薫ず」の部分を「薫らす」としたり、読み方はまちまちですが、詩吟で吟じる際に「万葉集2一日本古典文学体系」(岩波書店)に掲載の「薫ず」がしまってかっこいいと感じましたので、これを採用しました。
  • 参考:「新版 万葉集一現代語訳付き」伊藤博

関連記事

【動画】詩吟「春暁」孟浩然
【動画】詩吟「甃のうへ」三好達治
【動画】詩吟「おくのほそ道より”平泉”」松尾芭蕉